HOME

What's New(新着情報)

時事ネタについて

最近の時事ネタは暗いものが多く、テレビや新聞を見るのも辛くなるような
文章でいっぱいなのですが、もっとみんなの心がパーッと明るくなるような
時事ネタを掲載して言霊のごとく日本に明るい風を吹かせることに
日本のメディアは力を入れるべきなのではと考えるようになりました。
暗い話は驚いて人々の目を引くだけですが、明るい話題は人々の心に残ります。
そこからまた、新しい文化や芸術・経済の発展が期待できるのではないでしょうか。

最近の時事ネタで影響を受けたのはユーロ安。
ハンドメイドからブランドにして起業したいと考えています。
そしてオーダーして届いたお花のイメージの違いといったらびっくりです。

さすが、「安い」品物だなと思いました。
それが魔法のテクニックで生き生きとした作品に生まれ変わります。
造花と言えば死期を誘いますが、私の使っているお花は運気がUPすることで有名です。

驚くような快挙と言えば「なでしこジャパン」の優勝。
その背景には事業仕分けで交付金が減らされ苦しい生活を強いられているそうです。
監督とキャプテンが賞を受賞されて一気に日本の女子のサッカー熱が温かくなりました。
所属するメンバー以外の生活環境もよくなったと聴きました。
なんでも事業仕分けと言う言葉をそこまで続けるのであれば
公務員の給与の一般化と同時にやれば税金を上げる必要はないと個人的に思います。
そういう日本のいいところがもっともっと世界に注目されて
日本の経済の活性化や雇用促進・物流を回していくことが大切だと思います。

日本に暗いニュースが多くなったのはスクープと言って暗い話を報道し始めた
メディアの大きな言霊が関わっている可能性もあると思います。

HOME